元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話 問い合わせから見積りまで
複数の業者の相見積もりについて
その他のコラム

ポイント

・条件を揃えて見積もり金額を出す

・「金額」の比較ではなく「被害」の比較をする

 

ネズミ駆除を業者に依頼する場合、基本的には相見積もりを取るべきだと考える。

3社くらいの見積もりを取った上で、自分の家のネズミ駆除費用の相場を知るのだ。

 

世間一般のネズミ駆除の相場を参考にしてもあまり意味はない。

最近、相場が書いてあるサイトもチラホラ見かけるが10万円〜20万円と書いてあるところがほとんどだ。

かなり開きがあると思われると思うが、これは正解である。

一軒一軒ネズミの被害状況が全くちがうからだ。

 

他の家のネズミ駆除費用と比べても参考にならない。

むしろ、他の家のネズミとの被害状況の違いを業者に聞くとよい。

 

家の構造や周りの環境、侵入しているネズミの数や巣を作っているのかそうでないのか、

そういった状況によっても対応策が変わり、見積もり費用も違ってくる。

だから面倒くさがらずに何社かの見積もりを取ってほしい。

 

相見積もりを取ったとき、何社か同じような金額であれば、条件がよく、人が良さそうなところに決めればいい。

問題は、A社10万円、B社15万円、C社20万円と見積額が大きくわかれる場合だ。

 

内容が違えば金額も違ってくるだろう。

 

保証がなかったり短かったり、

駆除後の消毒や清掃の作業の有り無し

屋根裏断熱材の一部・全部交換があるなど。

 

同じ作業内容を依頼すると金額がどのくらい上がるか聞いてみるとよい。

ある程度、同条件に揃えていくと大体同じような金額に近づく。

 

・保証を長くしたら

・消毒、清掃をしたら

・断熱材交換したら

 

 

それでも10万円近い金額差がでている場合には、大きく高い業者、安い業者は外しておくのが無難かもしれない。

 

心配なのは業者によって被害状況の把握が甘い場合だ。

見えないところの封鎖箇所が多かったり、被害が深刻でないと判断してしまっている場合は見積もり金額が甘くなることがある。

 

そのため、見積もりをもらう段階で、「他の家と比べてネズミ被害の状況はどうですか?」と聞いておくと判断がしやすい。

「金額」の比較ではなく「被害」の比較をしておくのだ。

 

被害がそれほどでもないという業者であれば15万円以下の金額でも大丈夫だろう。

結構、被害が出始めているということであれば、15万円以上の金額をメインに考えていくほうがよさそうだ。

本当に深刻な状況であれば、20万円の見積もりが出てもおかしくないからだ。

 

それを安い業者に選んでしまうと、途中で投げ出す業者や、何度も来てくれるが一向にネズミ被害が止まらないということも出てくる。

金額が安い場合には必ず何かしら理由があるのだ。

 

・技術力がない。

・仕事に困っていて安く受注する。

・最初の調査が甘かった。

などだ。

 

 

高すぎる業者も問題だが、安すぎる業者もまた問題なのである。

業者の人柄や内容に問題がなければ、中間の見積金額の業者を選ぶのも一つの手だ。

 

いずれにしても、ある程度の期間おつきあいするわけなので、人で選ぶことも大切だ。

 

金額に振り回されないように気をつけてほしい。

2018©︎元ネズミ駆除業者が教えるネズミ駆除の裏話

当サイトに記載の記事、イラスト、写真などの無断複製及び無断転載を禁じます。

元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
複数の業者の相見積もりについて
問い合わせから見積りまで その他のコラム
元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
複数の業者の相見積もりについて
問い合わせから 見積りまで その他のコラム