元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話 問い合わせから見積りまで
業者選びのポイント
その他のコラム

ポイント

・駆除後の保証を1年つけていること

・保証の範囲を侵入封鎖箇所だけでなく全ての再侵入に対して保証すること

・少人数の会社を選ぶ

 

 

とにもかくにも、ネズミは再発のリスクが非常に高い。

それも駆除が完了したと言われた1ヶ月後、2ヶ月後、またドタバタ始まるのである。

そのため業者選びのポイントの2つは保証に関するものをあげさせていただいた。

 

最低でも6ヶ月は様子を見たい。

私がネズミ駆除を行っていたときもそうだった。

終わったと思った数ヶ月後にまたネズミの音がするから来て欲しいと。

 

見に行くと封鎖した箇所の横を齧って穴をあけていたということもたびたびあった。

 

1年何もなければまず再発することはほとんどない。

リフォームしたりエアコンを買い替えたりなどして侵入口をつくってしまわない限りは。

 

それと、侵入封鎖箇所だけの保証は絶対ダメだ!

 

これには2つの理由がある。

 

1つは、侵入封鎖したすぐ横を齧って穴を開けるケースがたびたびあるのだ。

こうなると保証対象外!ということで追加料金を取られるのである。

20万近く払ってなお、追加料金となるとショックのあまり寝込んでしまいそうだ。

 

もう1つは、そもそも別の箇所に侵入口があったという場合。

業者は認めないだろう。侵入口を見落としていたという事実を。

 

たぶんこう言うだろう。

 

「別の場所に穴を開けて侵入したのだ」

「封鎖箇所からの再侵入ではないので保証対象外!」

「保証対象ではないので追加費用がかかります。」

 

再侵入されたら依頼者側はどこが原因かなどはわからない。

業者はなんとでも理由をつけて追加費用をもらおうとするだろう。

 

こういうトラブルを避けるためにも、保証の範囲をしっかりと確認しておくことが必要だ。

 

「全ての再侵入に対して保証する」

「建物全体を保証する」

 

こうした内容の業者に頼むと安心だろう。

 

 

3つ目はどこのサイトにも載っていないだろう。

 

「少人数の会社で経験年数が長い業者を選ぶ」

 

普通は、知名度や会社の大きさを参考にするものである。

 

ネズミ関しては逆だ。

ネズミ駆除は「人」の技術力によって大きく結果が変わる。

(害虫駆除だけでなくマットや掃除用具も扱うような会社は疑問である。)

 

大きな会社は総じて戸建のネズミ駆除についてはダメだ。

 

もちろん技術力のある担当にたまたま当たればラッキーかもしれない。

しかし20万円近い費用を払うとなるとギャンブルはしたくないだろう。

 

小さな会社、もしくは一人でやっているような業者で、

なおかつ駆除歴10年以上であればかなり技術力が高い可能性がある。

 

そうでなければとっくに廃業しているだろう。

 

とくに一人でやっているようなところは個人の信用力を大事にしている。

お金をもらって駆除ができずにサヨウナラということや、追加料金を請求するなど

悪徳まがいのことをし続けていれば確実にお客さんはいなくなる。

 

ホームページの社員数や社歴、経験年数など載っていたら参考にすべきポイントだろう。

 

こうした3つのポイントを押さえて業者選びをすれば大きなハズレはないだろう。

それでも何社かの相見積もりは取るべきだ。

2018©︎元ネズミ駆除業者が教えるネズミ駆除の裏話

当サイトに記載の記事、イラスト、写真などの無断複製及び無断転載を禁じます。

元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
業者選びのポイント
問い合わせから見積りまで その他のコラム
元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
業者選びのポイント
問い合わせから 見積りまで その他のコラム