元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話 問い合わせから見積りまで
ねずみ駆除後の保証について
その他のコラム

ポイント

・施工箇所に対する「限定保証」ではなく、ネズミ再発そのものへの「完全保証」を。

 

 

■ネズミ再発そのものへの保証が大切

 

最近ではネズミ駆除が完了した後、1年の保証をつける業者が増えている。

私も駆除をしていた際には、必ず保証をつけることとしていた。

 

ネズミは駆除が終わったと思ってもどこからともなく、再び家の中に侵入されてしまうケースが非常に多い。

ネズミは帰巣本能が非常に強い。

一度、安全だと思ったところや巣を作っていた場合には、封鎖施工した箇所の隣を齧って再度穴を開け侵入してくる。

真っ平らな壁では齧るところがないが、ちょっとでも取っ掛かりがあればコンクリートさえも丈夫な歯でガジガジと齧って穴を開けてしまう。

 

こう言った点から、保証というのは非常に大切だ。

 

そして、

ネズミ駆除業者に依頼する際に一番注意してほしい点がこの「保証」だと思っている。

 

ネズミ駆除後の保証をします!と言うが、その内容や保証の範囲は様々だ。

 

まず、ほとんどの業者は侵入口を塞いだ「施工箇所」に対する保証だ。

例えば、5箇所のネズミの侵入口らしきものが見つかって5箇所封鎖工事を行った場合、

この5箇所の工事したところから再度侵入された場合のみ保証ということ。

 

別の箇所から侵入された場合には、別途費用がかかるのである。

こういう業者はやめるべきだ。

 

 

・素人には別の箇所から侵入されたかどうかなどわからない。

・そもそも最初から他にも侵入口があって、業者が見落としていた可能性がある。

 

駆除が完了しました!と言われ20万なり30万なりの大金を支払ったのち、

数ヶ月後、ネズミの足音がバタバタとし始める。

再発だ。

 

当然ながら、依頼した業者に再度見に来てもらうが、「施工箇所したところは異常なく、別の場所を齧って穴を開けて入って来ているようだ」と言われる。

 

保証対象外ということである。

 

本当に駆除後に穴を開けて入ったのか、素人のお客はそんなことはわからない。

駆除依頼する前から空いていたのではないか?

 

実は、ホームページにもこのような記述が小さく載っている場合もある。

 

「ねずみが防鼠施工を行った場所以外から侵入している場合、保証対象外となります。」

「新たな侵入口からの被害は対象外となります。」

 

記述が小さくとも、こうして記述している業者はまだ良いほうだろう。

ほとんどの業者は、保証を前面に謳っておきながら、保証の範囲ついてはほとんど説明しない。

 

業者だって人間だ。

侵入口を見落とすこともあり得る。

 

しかも500円玉くらいの小さな隙間を家の中から外から全て完璧に見つけるのは至難の技だ。

 

そう言った理由から、限定保証というのはほとんど保証の意味をなさないと私は思っている。

必ず、封鎖施工した以外も保証してくれる業者を選びたい。

 

自信のある業者ほど、施工箇所に対する「限定保証」ではなく、ネズミ再発そのものへの「完全保証」をする。

 

 

 

■保証対象外

 

施工に対する限定保証でなく、ネズミ再発への完全保証であっても、保証対象外となるケースはもちろんある。

 

・天災、紛争

 

この辺りは、どのようなサービスでも保証対象外となるだろうから説明は不要だろう。

地震や台風などであれば、火災保険・地震保険に入っていると保険会社から全額負担になるので

実質負担ゼロにはなるだろう。

 

 

・リフォーム、エアコンなどの取付け

 

駆除業者がしっかり侵入口を塞いでも、依頼者の方でリフォームなりエアコンの取付けで侵入口を作ってしまえば、

ネズミに再度侵入されてしまう。

 

この場合は業者側の落ち度ではなく、依頼者側の事情とのため保証の対象外となる。

保証は、あくまで現状維持の状態だ。

 

万一、リフォームやエアコンの取付け工事を行う場合には、事前に施工した業者に連絡をしておくと無難だろう。

こういった場合は、通常は別途費用をいただいて行うのだが、気前のいい業者だとエアコン配管周りくらいは点検してくれるだろうし、

パテで隙間を埋める程度であれば無料でやってくれる。

 

私なんかも正直、気持ちの良いお客さんには空いた時間や近くに行った時のついでに訪問し、無償で対応した。

 

もちろん、しっかりと穴を大きく開けたままだったり、何メートルも隙間ができるような場合であれば、多少なりとも費用をいただかないと割りに合わない。

 

この辺りも事前に相談されると業者としても気持ちがいいし、何かあってもスムーズだろう。

 

 

■保証期間について

 

保証は永遠に行うことはできない。

どうしても施工箇所の劣化や、家の建物自体の経年によって、侵入口ができてしまうためだ。

 

多くの業者は1年の保証だろう。

私も1年の保証をしていたし、これ以上の保証期間になると別途費用をいただかないと難しい。

別途いただかないにしても、1年以上の保証を希望されるとわかれば、最初の見積もりに上乗せしておくだろう。

 

建物の状況によっては2年保証をつける場合もある。

少なくとも数年は再侵入はないだろうと思われる、構造がしっかりした建物を前提にサービスとして2年にすることもあった。

 

これが1年未満の保証となるとちょっと心配だ。

3ヶ月や6ヶ月保証という業者もあるだろう。

その分費用が安かったりするかもしれない。

 

私個人的には、多少費用が高くても1年保証の業者を勧める。

四季を通じて問題なければ数年は大丈夫だと考えているからだ。

 

仮に、12月にネズミ駆除を行って6ヶ月の保証だと翌年の6月までしか保証されない。

ネズミは特に秋から冬にかけて、寒さから逃れるために家に侵入してくる。

 

せめて1年間様子を見る必要があると思う。

 

 

と、前置きが長くなってしまったが、当然ながら保証期間が過ぎれば保証対象外となる。

でも大丈夫。

1年間なにもなければ、ネズミ被害が再発する可能性は限りになくゼロに近い。

 

10年くらい経つと経年劣化などでどうしても侵入口ができてしまうので仕方ないが、

一戸建てに住む人の宿命だと割り切るしかないだろう。

2018©︎元ネズミ駆除業者が教えるネズミ駆除の裏話

当サイトに記載の記事、イラスト、写真などの無断複製及び無断転載を禁じます。

元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
ねずみ駆除後の保証について
問い合わせから見積りまで その他のコラム
元ネズミ駆除業者が教える ネズミ駆除の裏話
ねずみ駆除後の保証について
問い合わせから 見積りまで その他のコラム